星の王子さま 6演目改定原作/ サン=テグジュペリ

台本/ 松田 環

影絵・演出/ 鷹股良至

楽/ 富沢 恵

声の出演/  松田 環 島田朋尚

あらすじ

小さな小さな星に住んでいる「星の王子さま」がいました。
王子さまは、美しい一輪の花をとても愛していたのですが、その花はあまりに気まぐれで、
王子さまは渡り鳥にのって旅に出ます。
いくつかの星をまわり、ヘンテコな大人を見て、最後に地球で、砂漠に不時着した飛行士に出会うのです。
王子さまは様々な生き物とも出会いキツネと友だちになります。
そして、あの一輪の花がじぶんにとってかけがえのない大切な花だと気づき、
「大切なことは目には見えない」と教えられます。
飛行士は、そんな「星の王子さま」を好きになっていくのですが…。

演劇鑑賞 芸術鑑賞 星の王子さま  (1)